不動産管理システムの豆知識|仕事の効率がアップする

硬貨を持つ人

期限付きで自宅を貸し出す

所有する自宅を任意の期間貸し出せる賃貸方式がリロケーションです。貸し出しの際にリロケーション会社に転貸借する方式と、入居者との賃貸契約を会社に代行してもらう代理委託方式の2種類があります。活用法としては、海外赴任などで長期に自宅を留守にする場合や相続で実家を継いだ際などが挙げられます。

業者へ貸す経営の方法

積み木

不動産経営の方法としてサブリースは入居者と関わりを持たずに業者に対して貸すというのが基本的な仕組みです。又貸しによって業者が収益を得ることを前提にした契約であり、収益性が高いと想定される不動産なら高い賃料を得られます。

滞納や空室でも安定収入を

紙幣とノート

賃貸物件のオーナーに取って、家賃保証は安定した家賃収入を意味します。入居者が家賃を滞納しても、家賃保証会社が立替えをしてくれるからです。またサブリースと呼ばれる一括借り上げでは、空室の分も立替えてもらえます。サブリースの場合、敷金などは会社収益ですが、その代わり原状回復費用などを負担してくれます。

不動産業務を効率化させる

PCを使う人

営業支援や契約書作成も

不動産会社の行う賃貸・売買・仲介の各業務の効率を上げるためのシステムが、不動産管理システムです。基礎知識として不動産管理システムには2種類あり、入居者の募集や仲介などの営業支援を主に行うシステムと、入出金管理などを主に担うシステムがあります。また近年はクラウドを用いたASP型と呼ばれる不動産管理システムが普及しています。次に不動産管理システムの機能ですが、データベースを元に物件の一覧表を作成したり、各種契約書や明細書を生成したり、家賃入出金管理を自動で行ったりと、様々な不動産業務をサポートしてくれます。また過去の不動産物件の情報もデータベースに持つため、契約更改の際に過去の帳簿を元に契約書を作成したり、収支シミュレーションを出すことも可能です。このように不動産管理システムは煩雑な不動産に関わる業務を簡略化したり、サポートしてくれるため、その活用方法も多岐に渡ります。例えば活用法の1つとして挙げられるのが、不動産業務のIT化対応です。自社の物件紹介のウェブページと連動させることで、空室の状況をリアルタイムで更新させたり、顧客からの問い合わせに素早いレスポンスを送ることもできます。物件や入出金管理などの各種データのクラウド化も不動産管理システムを導入すれば容易です。また不動産業務の無駄を減らし、コスト削減を進める上でも不動産管理システムは活用できます。管理の一元化、全体最適化によって重複処理による無駄やミスを無くし、事務効率のアップに繋がります。