不動産管理システムの豆知識|仕事の効率がアップする

紙幣と電卓を持つ人

業者へ貸す経営の方法

積み木

業者による借り上げで経営

マンションやアパートなどの居住用不動産を利用して経営を行う方法としてサブリースがあります。通常は入居者を探して住んでもらうことにより家賃を受け取って利益を得るという形で不動産経営が行われますが、サブリースの場合にはこの形を取りません。不動産をオーナーは入居者とは直接にはコンタクトを取ることがなく、サブリース契約を結ぶ業者とだけやり取りをするのが特徴です。サブリースでは業者によって借り上げを行ってもらい、不動産経営自体はその業者が行うという形を取ります。入居者に部屋を貸すのではなく、業者にマンションやアパートなどをそのまま貸してしまうという経営方法なのです。必ずしもマンションやアパートを一棟持っている必要はなく、部屋単位で契約してサブリースによる経営を行うこともできます。この契約の特徴は貸した業者が入居者を探してさらに貸すということが許されている点であり、又貸しによって収益を得ることを前提にした契約となっていることでしょう。そのため、業者側は又貸しをして利益を得られる不動産かどうかをよく調べた上で契約を結ぶことになるのが一般的です。収益性が高いと期待される不動産であれば高い賃料で借りてもらうことができ、収益性があまりに低くて赤字になると想定されると断られてしまう場合もあります。しかし、契約さえ勝ち取ることができれば基本的には放置しておいても賃料が入る仕組みになっているので簡単に経営ができる方法です。