不動産管理システムの豆知識|仕事の効率がアップする

紙幣と電卓を持つ人

期限付きで自宅を貸し出す

室内

留守宅を有効に活用できる

リロケーションは、留守宅を貸し出す賃貸方法の1つです。借地借家法で制定されている期限付借家権に基づいて貸し出されています。基礎知識として、通常の賃貸と違ってリロケーションの場合は貸し出し期限を大家が自由に決められます。そのため留守宅を一定期間貸し出した後は確実に大家に物件が戻り、再び自分で住めます。大きく分けてリロケーションには2つの種類があり、転貸借と代理委託方式が存在します。転貸借方式はリロケーション会社が大家から留守宅を借り上げて、入居者の募集から物件管理に至るまで一括して行います。代理委託方式は大家と入居者の間にリロケーション会社が入って、賃貸契約の業務を代行してくれる方式です。前者は家賃保証が付いたり、入居者が入れ替わっても手間が掛からないというメリットがありますが、管理会社に支払うコストが高めです。一方後者の代理委託方式は、コストが低めの代わりに、管理の手間が掛かりやすくなります。次にリロケーションの活用法ですが、希望の期間だけ自宅を貸し出せる性質を利用して、海外出張や転勤時によく選ばれています。自宅を長期間に渡って留守にすると家も傷みやすく、またセキュリティという面でも不安が生じます。しかしリロケーション物件として貸し出すことで、入居者に留守宅を守ってもらいつつ、賃料収入も得られるというメリットがあるためです。また相続で引き継いだ実家があるが今すぐは住めないといった事情を抱える場合も、リロケーションで当分の間は賃料収入を得るといった活用方法もあります。