不動産管理システムの豆知識|仕事の効率がアップする

紙幣と電卓を持つ人

滞納や空室でも安定収入を

紙幣とノート

立替えしてくれるメリット

手持ちの不動産を賃貸にする場合は、家賃保証のシステムを利用するという方法がありますが、このメリットはどのような点にあるのでしょう。元々家賃保証というのは、入居者が家賃の入金を滞納した場合に、その分を立て替えてくれるシステムのことです。そのため、滞納を気にせずに、収入を得ることができますし、ローンの支払いもスムーズに行くのがメリットです。さらに、家賃保証だけでなく、空室がある分もまとめて面倒を見てくれるシステムもあります。それがサブリースと呼ばれる、一括借り上げのシステムです。この方法だと、滞納や空室があっても、収入が安定しますので、特に空室が心配なオーナーの方は、サブリースの契約も選択に加えてもいいでしょう。賃貸物件を経営していても、なかなか自分だけですべてをカバーすることはできません。ですから、多少の費用はかかりますが、管理会社、あるいは家賃保証会社に任せる方が安心です。また家賃保証会社の場合は、審査がありますので、家賃の支払いに問題がない人のみが、入居できる率が高いのです。ただしサブリースの場合、すべてを任せる代わりに、たとえば契約の更新料、敷金や礼金などはオーナーではなく、会社が受け取ることになります、また家賃保証のみの場合もそうですが、サブリースでは、家賃全額が収入となることはなく、8割から9割程度となります。その一方で、たとえば入居者が退去した後の原状回復などは、会社側が負担してくれることになります。